【アイキャッチ画像】ほっこり×料理×胸キュン| おいしい料理と恋模様が楽しめるおすすめ小説3選

ほっこり×おいしい×胸キュン!おいしい料理と恋模様を同時に楽しめるおすすめの小説3選

おいしい料理と恋模様が楽しめる小説を3冊ご紹介します。どの本もおいしいお料理と甘酸っぱい恋模様が描かれているので、おいしい小説が好き!ちょっとキュンキュンしたい!ほっこりする話が読みたい!という人におすすめです。読んだ後、きっと満たされた気持ちになれるはず。
アイキャッチ画像。ブックレビュー「失われたものたちの本」

【Review】思春期の若者におすすめ!孤独な少年の成長を描くダークなファンタジー小説「失われたものたちの本」

小説「失われたものたちの本」(ジョン・コナリー著)のブックレビューです。全米図書館協会アレックス賞を受賞した作品で、孤独な少年が異世界に迷い込み、元の世界に戻るべく奮闘する姿が描かれています。孤独に苛まれている人、負の感情を持て余している思春期の若者、ダークなビブリオファンタジーが好きな人におおすすめしたい作品です。
アイキャッチ画像。ブックレビュー「あしながおじさん」

【Review】赤毛のアン好きにおすすめ!幸せに生きるヒントをくれる名作小説「あしながおじさん」

小説「あしながおじさん」(ジーン・ウェブスター著)のブックレビューです。20世紀初頭のアメリカで、孤児院育ちの女の子が大学へ進学し、教養ある大人の女性へと成長する姿が書簡形式で描かれています。幸せに生きるヒントを見つけたい人、元気になれる小説を探している人、赤毛のアンの世界観が好きな人におすすめの小説です。
アイキャッチ画像。書影「雨宮兄弟の骨董事件簿」

【Review】アンティーク好きにおすすめ!素敵な雰囲気と謎解きのおもしろさが味わえる小説「雨宮兄弟の骨董事件簿」

小説「雨宮兄弟の骨董事件簿」(高里椎奈著)のブックレビューです。この小説は、横浜で骨董品店営む兄弟が友人の刑事に頼まれて事件を解決していくお話です。謎解きはもちろんですが、家族愛やファンタジックな謎も楽しむことができます。アンティークに興味のある人や台詞や情景描写から事件を読み解くのが好きな人におすすめです。
アイキャッチ画像。書影「不思議カフェNEKOMIMI」

【Review】ミルクティーが飲みたくなる!優しい気持ちになりたい人におすすめの大人のファンタジー小説「不思議カフェ NEKOMIMI」

書籍「不思議カフェ NEKOMIMI」(村山早紀著)のブックレビューです。あらすじ、おすすめ度、作品の魅力などについて書いています。この本は、小さな優しさが散りばめられた大人のためのファンタジー小説です。優しい気持ちになりたい人、大人のおとぎ話を読みたい人、小さな幸せを見つけたい人は読んでみませんか?
アイキャッチ画像。「土曜はカフェ・チボリで」の書影。

【Review】疲れている人におすすめ!ヒュッゲが味わえる小説「土曜はカフェ・チボリで」

書籍「土曜はカフェ・チボリで」(内山純著)のブックレビューです。あらすじ、おすすめ度、作品の魅力などについて書いています。アンデルセンの童話を連想させる内容の謎解き物語ですが、温かい雰囲気の素敵なカフェでヒュッゲを体感することのできる素敵な作品です。少し疲れている人、癒されたい人におすすめ。
アイキャッチ画像。「古本食堂」の書影と本屋の背景。

【Review】古書店好きにおすすめ!神保町を舞台にしたおいしい小説「古本食堂」

書籍「古本食堂」(原田ひ香著)のブックレビューです。あらすじ、おすすめ度、作品の魅力などについて書いています。いろんな書店やおいしいものが登場するので、読むと実際に神保町に行きたくなります。本や本屋が好きな人、おいしいものが好きな人、何かに悩んでいる人におすすめの作品です。
アイキャッチ画像。小説「太陽の塔」の書影と京都の街並み。

【Review】クリぼっちにおすすめ!バカらしくてクスクス笑える小説「太陽の塔」

小説「太陽の塔」(森見登美彦著)のブックレビューです。作品情報、あらすじ、感想、おすすめ度、お得に読む方法などについて書いています。一癖も二癖もある登場人物たちが、リア充を羨みながらバカバカしい行動をする様がユーモラスに描かれた作品です。文体も登場人物も独特ですが、ハマるとクスクス笑えること間違いなし!
書影と本のタイトル

【Review】クスっと笑いたい人におすすめ!驚きの展開が待ち受ける伊坂幸太郎の小説「AX アックス」

小説「AX アックス」(伊坂幸太郎著)のブックレビューです。作品情報、あらすじ、感想、おすすめ度、お得に読む方法などについて書いています。クスっと笑えて、家族愛を感じられて、でも終盤はスリリング。いろんな角度から楽しめる作品です。終盤「マジか!」と驚くこと間違いなし!
本の書影とその説明文章

【Review】自分が嫌いな人に読んでほしい!温かい気持ちになれる小説「水曜日の手紙」

小説「水曜日の手紙」(森沢明夫著)のブックレビューです。作品情報、あらすじ、感想、おすすめ度、お得に読む方法などについて書いています。「水曜日の手紙」は『水曜日郵便局』との手紙のやり取りをきっかけに、登場人物たちが未来を変える一歩を踏み出していく物語です。今を少しでいいから変えたいと思っている人におすすめ!
ブログアイキャッチ

【Review】パン好きにおすすめ!小説「ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 6」

小説「ホテルクラシカル猫番館 横浜山手のパン職人 6」(小湊悠貴著)のブックレビューです。あらすじ、感想、おすすめ度、作品情報などについて書いています。素敵な洋館ホテルでおいしいパンを味わえるお仕事小説です。おいしいパンを読みたい人、ほっこり優しい気持ちになりたい人、身近にある幸せを感じたい人にお勧めです!
書影

【Review】ちょっとだけ怖い小説を読みたい人におすすめ!怪異絡みの謎を解き明かす民俗学ミステリ「准教授・高槻彰良の推察」

小説「准教授・高槻彰良の推察」シリーズ(澤村御影著)のレビューです。あらすじ、感想、おすすめ度、作品情報などについて書いています。民俗学に触れてみたい人、少しヒヤッとした怖さを味わいたい人、孤独を感じている人にお勧め!
本の書影3冊分

名刺代わりの小説3選 | 出会えてよかった!人生を変えてくれた本(フィクション編)

自己紹介をかねて、名刺代わりに大好きな小説3作品を紹介!「竜馬がゆく」司馬遼太郎/「図書館戦争」有川浩/「大きな森の小さな家」ローラ・インガルス・ワイルダーの3冊をご紹介します。この3冊がどうして大切なのか、どのようなところに惹かれたのか、どのような人にお勧めしたいのかなどを書いています。